Current

Information

Origin

Exhibitions

Press

Ceramics

Sculptures

Contact

Links

/

Jp

De

item2

Origin

初代 小倉圓平

圓平窯(圓平陶苑)を開窯した初代、小倉圓平は明治20年に淡路島で生ま

れ、津名郡立陶器学校(現在の淡路市)にて学ぶ。

 戦争中は、満州に移り「圓平陶苑」を築き、満州風俗人形(圓平人形)

を作成する。この圓平人形は、当時滅びつつあった満州の郷土芸術を復興

するべく制作した満州の風俗人形で、好評を博し、満州国皇室の御用達と

なる名誉をも授かった。昭和11年には満州国皇帝の宣統帝溥儀から天皇家

への満州土産として圓平人形が選ばれた。終戦に伴い満州から引き揚げ、

淡路島で圓平窯(圓平陶苑)を再び開窯した。また初代、小倉圓平は、

「龍洲」という画号をもつ日本画家でもあり、趣味として俳句を詠み、多

くの文化人とも交流があった。戦後、再び開窯してすぐに亡くなったが、

多彩な才能をもつ人だった。

二代目 小倉圓平

二代目小倉圓平は、6代目清水六兵衛に師事、その後、京都陶磁器試験場

釉薬科及び彫刻科にて学ぶ。初代小倉圓平の死後、二代目小倉圓平に襲名、

昭和37年には『やきものの入門のすべて』を出版する。二代目は、長年、

淡路美術協会会長を務めたほか、淡路文化協会に関しては、設立から参加し、

長年、淡路文化協会会長としても力を注ぎ、兵庫県文化功労賞を受賞する

など、淡路島の文化向上、普及発展の為に貢献した。

三代目 小倉圓平(小倉円平)

三代目小倉圓平は、二代目小倉圓平に師事、

内田クラフト研究所で学ぶ。国際ロータリー

クラブG・S・Eにてアメリカに渡り、陶芸を

指導する。百貨店美術画廊での個展をはじめ

数々の展覧会に出品。現在、圓平窯にて長女

の陶芸家、小倉麻衣子と共に制作を行ってい

enpeifoto

また、兵庫県彫刻家連盟に所属し、野外彫刻といった大きな作品からエス

キースなど小さい作品まで数々の陶彫作品を発表している。淡路ハイウェーオ

アシスに設置された阪神淡路大震災復興記念モニュメント『友愛』と題する野

外彫刻のデザインも採用された。

 この他、淡路島の文化・芸術の発展にも力を注ぎ、活動している。

小倉麻衣子 圓平窯3代目小倉圓平氏の長女

京都造形芸術大学卒業、林秀行氏、小倉圓平氏に師事

2012年洲本市親善青年訪問団にてロシア、サンクト

ぺテルブルグ、クロンシュタット区訪問、「日本の陶」

について講義。2014年平成25年度ひょうごアーティ

ストサロン賞受賞し2016年ひょうごアーティストサ

ロン受賞者記念展に出品。

他 作陶展、グループ展など出品。

兵庫県彫刻家連盟会員、淡路美術協会会員。

maikofoto1

Back

Copyright © 2009 Enpei Ogura All Rights Reserved.